Loading

社長の思い

社長インタビュー

ネジの商社でありながら、
コワーキングスペース運営、無人島事業など新しい取り組みを続ける「株式会社ネジコ」
一体どんな会社なのか・・・・


単刀直入に、結局何してる会社なんですか?
ネジの商社なのに、こんなコワーキングスペース作ったり、無人島事業に手を出したり、どこに向かってるんでしょうか・・・

ネジコ代表

まず、僕はいつも「100年後の社会」について考えてますね。


100年後のしゃかい??

ネジコ代表

うん。
100年後は本質的なものしか残らない。よりリアルなものだけになる。いまだってAIが発達してどんどん仕事は減って行ってるでしょ。

そのうちの一つ、人間はもっと遊んでる。働いていない。

その考えによる事業の1つが、いまいるこの”Space2049”  30年後のワーキングスペースを作りたい。



そういえば、いまいるコワーキングスペースの名前は”2049″ですね。

これは2049年なんだ!あ、ブレードランナー?

ネジコ代表

あ、それはよく言われるけど関係ないです。
名前の由来は話すと長いので割愛して・・・(笑)


(そこはスルーしちゃうんだ。
なんで100年後じゃなくて30年後なんだろう・・・。)

ネジコ代表

一般的なコワーキングスペースって作業場でしょ。
でも、作業の大半はなくなるし、未来はもっと遊んでるはず。

じゃ「全然仕事の捗らないコワーキングスペース」「遊び場」を作ろうと思って。


仕事のはかどらないコワーキングスペース?!
もはや、ワーキングはどこへいった・・・・。

だからあんなに、ボードゲームがいっぱい置いてるんですか。
冷蔵庫の中も、よく見たらビールやお酒がいっぱい!

ネジコ代表

うん、あの冷蔵庫の中身も、全部フリー。

いる?飲んでいいよー。

月イチくらいでゲーム会するんだけど、その参加費も全部フリー。
あ、そもそも普段から利用料は一切もらってないです。
スタッフも常駐してない。
住所非公開の会員制。秘密のスペース。


あ、じゃぁビールいただきます〜!(グビグビ)

それにしても全部フリーとはなんと太っ腹な・・・
会員制なのは、不特定多数の人が来ないようにですか?

ネジコ代表

そそ。コミュニティの質がその場の質になる。
だから、誰がユーザーなのかってすごい重要だと思うんですよね。

例えばAppleの製品は素晴らしいしブランドにとことん拘ってるけど、誰でも持てるじゃない?
お金さえ出せばどんなハゲでもデブでも臭いおっさんでも買える。

本当にブランドを保つためには、
簡単に持てないようにしたほうがいいんですよ。。


(わかるけど、ちょっとひどいと思う・・・)
ネジコ代表

例えば、僕、オンラインサロン大嫌いなんよね。
ポチっと押してお金を払えば、誰でも入れる。

本来面接するべき。コミュニティの質に関わることでしょ。
だからこのスペースは場所もオープンには出してない、会員制なんですよ。


なるほど・・・

100年後はよりリアルなものだけが残るってことですが、じゃどんな企業が残るんでしょう。

未来を見据えてこれからやっていくべき事業とは?

ネジコ代表

今後は感情産業しか残らないと思ってます。
だからうちの会社も、これからはそういう事業しかやらない。

以前はエンタメって言ってたんだけど、エンタメって言葉だと、ポジティブな面白いことだけに聞こえちゃう。

無人島観光事業に参入したのも、これから必要になる。価値があると思っているから。


無人島、よくわかんないけどたしかに面白そう!ワクワクしますね〜。
”感情産業”って言葉は初めて聞きました。
でもポジティブなものだけでいいでしょー。わざわざお金払ってネガティブ体験したくない・・・
ネジコ代表

いや、ポジティブもネガティブも関係ない。

要は心が動くことを人は求めているんですよ。

人は悲しさだって感じたい。だから、泣ける映画がはやるわけ。

泣けるレストランとかめちゃおもしろいでしょ。作りたいな−。


確かに、お化け屋敷やジェットコースターだって、お金を払って怖い思いをしたいんですもんね。
VRも怖いのグロいの多いし。

泣けるレストラン、どんなんだろう。行ってみたいな・・・


民泊を中心とした観光事業は3年前からされてるんですね。
確かに、旅行だって非日常を体験したいっていうまさに”感情産業”。

そう考えたらいろんな事ができそう!
他にも具体的な案はあるんですか?

ネジコ代表

あるにはあるけど、面白い人達とつながって、一緒に遊ぶ中でいいネタが見つかって、それが仕事になっていくイメージかな。

無人島事業をやっているスタッフは、”無人島ビール”を作るらしい。
ほんまにやるんか知らんけど(笑)


無人島ビール!
なんかまた出てきた、初めて聞くパワーワードっ!

それにしても、「作るらしい」って、あなた社長でしょ?(笑)

ネジコ代表

うん、でもオレはよく知らない。

スタッフ各自が自分でやりたい仕事を起こしていく。その方がいいんですよー。
社長に指示されてやらされ仕事じゃおもんないやん。

オレは寝てる。


(さすが、見た目どおりのナマケモノさん・・・)
ネジコ代表

各スタッフが「自分はほんまにこれをやりたい!」っていう事業を立ち上げていく。
そういう起業をおこせる、インフラみたいな企業になれたら面白いよねー。
インフラっ?!
ネジコ代表

うん。
個人がやろうと思っても難しいことってあるじゃないですか、お金の問題もあるし。
でも会社っていうリソースを使えば少しはハードル下がる。
そういうちっちゃい起業がポコポコ生まれる組織でありたい。
もちろん方向性は一緒じゃないといけないし、やるからにはオレも厳しいことは言うけど。

一つの大きな事業をみんなでやる、売上を拡大する!よりも、複数の事業を同時並行で進めて行きたい。


なるほど。おもしろい経営方針ですねー。
一般的には「この事業の売上を120%成長させる!」みたいな企業が大半だと思います。
ネジコ代表

たまに変わった会社だなって言われるんですけど、別にふつーですよ。
時代の流れとか考えたら、きわめて普通。
昭和の感覚のまま、みんなでひたすら事業拡大を考えてるほうがおかしい。

当面の目標としては、2030年、年商1億の事業を20個くらいつくりたいな。

のびのびと働きたい方は、当社の社風にピッタリです。

代表取締役 慶元 崇紘 / プロフィール

大学卒業後に2社で経験を積み、2007年に株式会社ネジコの代表取締役となり経営者の道を歩み始める。以降は独自の仕入ルートの開拓などに力を注ぎ、自社の業績拡大を牽引。趣味は海外旅行で、年に7~8回は国外に足を運んでいる。世の中のトレンドに考えを巡らせるのが好き。出身は大阪府

我が社の現状と今後の展開

当社は、もともとはネジメーカーであるケイモト製作所の仕入部門でした。当時の業績は好調で、仕入額も順調に拡大。成長企業の一部門として組織を支えていたのですが、独自の仕入ノウハウを活かして法人化することになったのです。ネジコとして再スタートを切った後は、高品質なネジやファスナーを提供する企業として事業規模を拡大してきました。小ロット生産やOEM生産に対応できるなど小回りの良さもあり、取引先からのご依頼も着々と増えています。

3年前からインバウンド事業部を立ち上げ、現在は不動産オーナーから任された物件の運営をしていますが、今後は自社物件で民泊サービスを提供していきたいと思っています。訪日外国人旅行客の増加、それに伴なう宿泊施設不足など、サービス需要は旺盛な状況。マーケットの追い風を活かして事業拡大を実現していきたいと考えています。

仕事をする上で大切にしていること

一つ目は「さまざまな情報にアンテナを張り、得たものを仕事に活かすこと」。もう一つは「仕事を自分の目的を叶える手段ととらえること」です。当社では、利益よりも個人や会社の価値観を大切にしています。極端な話、社員の希望があるならば、利益にならなくてもできる限り支援していく。そんな風土が根付いた組織なのです。数年前にインバウンド事業部を立ち上げたのも、海外旅行が好きな私の趣味から事業化を検討したのがキッカケでした。一人ひとりの発想を柔軟に取り入れていく社風ですから、思いついたアイデアがあればどんどん発信してください。ちなみに、社内にはカフェスペースがあったり、バランスボールを取り入れたり、ハイスツールに座って仕事をしている社員がいたりします。自分らしさが出せる職場ですので、ぜひのびのびと働いてください。

今回入社される方に期待すること

何よりも仕事を楽しんでほしいと思っています。もちろん、遊びではありませんから、充実感や達成感を味わえる時もあれば、つらい気持ちになることもあるでしょう。ただ、嫌なことがあった時に愚痴をいうだけの人間になってほしくないのです。上手くいかないケースがあっても、それをバネにして働くことで仕事の成果が変わってきます。重要なのは、壁にぶつかった時に「何とかして乗り越えてやろう」と思うこと。そういったマインドを持てる人なら、私たちは両手を広げて歓迎します。特に民泊サービスはこれから本格的に稼動させていく事業です。大阪に足を運ぶ外国人旅行客は急速に増えていますので、事業規模を大幅に拡大させることも不可能ではありません。夢のあるマーケットで、私たちとともに事業を成長させていきましょう。

PAGE TOP